豊島区にある認可保育園めぐみ保育園【健康管理】

健康管理について

保育中に体調不良となり、通常の保育が無理な状態になった場合

健康管理について

保育中に体調が悪くなった場合、状況によってはお迎えをお願いすることがあります。
お迎えまでは看護師や保育士がお子さんの状態にあわせて、医療スペースや余裕スペースで対応をいたしますが、できるだけ速やかなお迎えをお願いいたします。医療機関への受診は原則保護者の方にしていただきますが、お子さんの状態が急変し、緊急を要するときには園で連れて行くこともありますので、あらかじめご了承ください。
また、緊急時の対応については別紙にご同意いただきます。なお、保育園では安全性および集団生活での他児童への感染等の観点から病気の急性期の保育は実施していません。(登園前からの発熱等により、通常の保育が不可能な状態でのお預かりはできません。)

薬について

原則としてお薬はお預かりできません。ただし、慢性疾患がある場合には、保育園にご相談ください。

予防接種について

お子様の体調を考えて、かかりつけの医師に相談して計画的に受けましょう。予防接種後の経過観察も大切ですので、登園前の接種より、降園後の接種をお勧めします。予防接種(全ての疾病について)を受けた場合は、その都度、保育園に接種済をお知らせください。

保育中にケガをした場合

日頃から安全には十分配慮していますが、避けられない事故が起こることもあります。緊急時には、病院に連れていくこともありますので、電話連絡が取れるようにしておいてください。場合によっては保護者の方に同行をお願いすることがあります。

独立行政法人 日本スポーツ振興センター他 保険について

保育園では日頃から安全な保育を心がけておりますが、万が一の事故に備えて、入園と同時に全児童が「独立行政法人スポーツ振興センター」の災害共済給付金制度に加入します。(共済掛金は全額を園が負担いたします。)
また、「園児総合保障共済制度」(社団法人全国私立保育園連盟)の保険にも加入いたします。(傷害保険掛金は全額を園が負担いたします。)
その他詳しいことは、別紙「保険加入のお知らせ」をお読みいただき、同意書に署名をしてご提出ください。

歯みがき指導について

6月に幼児クラスの子ども達を対象に、保健所歯科衛生士による歯みがき集会を行っています。歯の健康のお話や、歯のみがき方を楽しく学びます。めぐみ保育園では、年中の後半期より食後の歯みがきを行います。

感染症にかかった場合

乳幼児は、小中学生と比較して抵抗力が弱いことや、集団で長時間生活を共にするため接触が密であるなどの特性をふまえた対応が必要です。保育園での対策として、下記の感染症にかかったときは、登園するにあたり証明書の提出をお願いいたします。

>> 書類ダウンロード「証明書」

登園時に医師の承諾が必要な感染疾病
めぐみ保育園へのお問い合わせ

めぐみ保育園へのお問い合わせは、お電話またはメールフォームよりお願いします。

めぐみ保育園へのお問い合わせ めぐみ保育園へのお問い合わせ